初心者から中級者への道。ちょっとした差が大きな差に

「お、この人上手いな」と思うポイント、考えたことありますでしょうか?^^

単純に聴いてみて格好良ければ=上手い、いい感じ
というのも、もちろんあります^^

ですが、全く同じメロディーやフレーズなど弾いても、個人差が生まれます^^
それはどういうポイントか?

目次

それは細かなところ^^


たとえばアコギなら、ピックの当たる角度や手の降りのスピード
ウクレレもピックは使わなくても同じです^^

例えば6弦に視線を置いて弾くと、低音よりのサウンドになりやすいです
1弦に視線を置いて弾くと、1弦の音が際立ってくるので、よりクリアで明るい雰囲気に響きます^^

これはウクレレなどでのソロウクレレや弾き語りでも一緒です^^
1弦に視線を置いて見ることで、1弦側の音が際立って綺麗に響きやすくなってきます


本当にちょっとしたことですが、これだけで全然音が変わります^^

実際の演奏では、弦をガン見しながら弾かないですが
弾き方を身体が覚えると、見なくても同じように弾けます^^

ちょっとした違いですが、大きな差を生みますので
細かなポイントにもこだわってみるとおもしろいですよ
^^

他にもいろんなポイントがたくさんあります^^

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる