なぜ途切れ途切れの演奏になってしまうのでしょうか?

  • 楽譜通り弾いていてもなぜか音が途切れ途切れ
  • 音楽と合わせて弾いていると良い感じだけど、一人で弾くと途切れ途切れ
  • バンドで弾いてもスカスカ

みたいなことよくありますよね

これはコードチェンジでも、ソロウクレレやソロギターでも、エレキでも全部に言えることです。

僕も昔はそうでした。初心者や中級者の方に多いです^^

これが起こる原因はズバリ!

指を離すのが早すぎるから

他にも考えられますがだいたいこれです。

目次

音を伸ばす長さと、手の移動の時間がポイント

上の画像は
は音が伸びているところ
は指や手の移動にかけている時間
を表しています。

Aのパターンはの移動の時間がたっぷりです。
対してBはの音をぎりぎりまで伸ばして、の移動の時間は一瞬です。

音が途切れ途切れの人はAのパターンで弾いています。

指を離すのが早い分、音も途切れます。

初心者の頃はあるあるです。

これを直すには、一瞬で移動できるようにしていくことです。

一瞬で移動出来るように無駄な動きを減らしていきましょう

コードチェンジもソロウクレレやソロギターも全部に言えますが
次の移動先への準備みたいなものが必要です^^

例えば
1小節目を弾いているときには2小節目にすぐ移れるように準備しておく
といったイメージです。

それには

  • 指が大きく離れすぎないようにする。
  • どの指で押さえると無駄な動きがないか。
  • どのように移動すればスムーズにいけるか。

が大切なポイントです。

最初にこのように考えて弾いていくと無駄な動きが少なくなってくると思います^^

おひとりではよくわからない場合はご相談ください♪
楽器はもちろん、曲によっても違います^^ アドバイス致します。

で、ここから大切なことをお話しますが

上で書いたようなことは弾いているときに考えていません。
考えながらやると演奏がガチガチになります(笑)

やり方がわかったらあとは何回も弾いて身体に覚えさせます

身体に覚えさせると楽です^^

動きはパターンみたいなもので、一度できるようになると
同じパターンが出てくると自然に出来る
ようになっていきます。

生徒さんを見ていても何度も出てきているパターンは、曲が変わってもさらっと弾いておられます^^

ワンランク上の演奏に近づけるために、途切れ途切れの演奏から卒業しましょう♪

体験レッスンのお申込・お問い合わせ

コンタクトフォームよりお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる