弾き語りのいろんなリズムパターン知っていますか?

ウクレレやアコギで弾き語りをする時に、どんなリズムで弾いたら良いかわからない・・・

ということありませんか?

それはリズムパターンを知らないからかもしれません^^

いろんなリズムで弾けると、シンプルなコード進行でも全く印象が違います♪

ストロークにおけるリズムを考えてみましょう。

目次

まずはリズムの種類を知りましょう

まずは下のイラストを見てください。

各音符の一覧表です。

この中で、

4分音符、8分音符、16分音符、3連符

に注目を!

ストロークでよく使われるのは

・4分音符を基準とした4ビート

・8分音符を基準とした8ビート

・16分音符を基準とした16ビート

・3連符を基準としたビート

に分けられます。

リズムは奥が深いので、今回はまずは簡単にざっくりと見ていきましょう♪

4ビート

4ビートは、ジャン、ジャン、ジャン、ジャンと4分の4拍子の曲であれば、1小節は4回ずつ弾いていけば大丈夫です♪

だいたいどんな曲でも合いますので、初心者の方はまずはこのリズムからスタートですね^^

ジャズ系の音楽でも4ビートで弾くことがありますが、スイングしているので

上記の ジャン、ジャン、ジャン、ジャン とノリが違います^^

8ビート

8ビートは8分音符を基準にしたリズムパターンです。

音を伸ばしたり、8分音符を刻んだりと、組み合わせでいろんなパターンが作れます。

ロックやPOPSでよく使われますね^^

8ビートには大きくわけて2種類あります。

それは・・・ハネた8ビートと、ハネていない8ビート。

ハネていない8ビートは、ロックやPOPSのような勢いのある曲のイメージ

ハネている8ビートは、ハワイアンや子供向けの曲などに多い可愛いらしいイメージです。

ハネた8ビートの曲は、楽譜の先頭にこのような記号で書かれています^^

「8分音符で書いているけど、1個目の音は4分音符みたいなイメージで長めに音を伸ばしてねー」

みたいな感じです。

16ビート

16ビートは16音符を基準としたビートです。

1拍を4つの音の区切りで分けている為、いろんなリズムパターンを作ることができます♪

こちらもPOPSでよく使われます^^

ウクレレやギターで細かいリズムストロークで弾いている曲はだいたい16ビートです。細かい音のノリになるのでダンスミュージックやファンクといったジャンルでもよく使われますね^^

16ビートにもハネたものと、ハネていないものがあります。

個人的にはハネた16ビートはR&Bなどで使われているイメージです^^

ただ初心者の方はハネた16ビートはノリを出すのが難しいかもしれません^^;

3連符

3連符を使ったパターンは、ハワイアンやブルース、POPSなどで使われています。タタタ  タタタ   タタタ   タタタ と3つの音の区切りを基準に弾くビートです。

中島みゆきさんの時代という曲も3連符で弾くイメージですね^^

メロディーのリズムに注目してみる

どのビートが良いか?どのストロークパターンが良いか?は

まずは曲のメロディーのリズムに注目してみると良いでしょう。

メロディーが8分音符だったら8ビートが第一候補ですし、 もしメロディーがハネていたらストロークもハネさせます。

メロディーが16分音符だったら、ストロークも16ビートが第一候補です^^


また自分の中にフォークソングのパターン、ロックのパターン、レゲェのパターン、ボサノバのパターンみたいにストックしておくと、アレンジもできておもしろいです^^

アクセントの位置や微妙なノリなどでイメージが変わることもあるのでリズムは奥が深いですが、まずはこんな感じからスタートしてみて、いろんなパターンの引き出しを増やして楽しみましょう♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる