西川ギター&ウクレレ教室

BLOG

2019.10.013.アコギ弾き語り初級 ミニ講座

ギターのコードフォームを考えてみよう♪綺麗な音を出すには?


今日はギターのコードについて考えてみましょう^^

レッスンではよく話しているのですが
生徒さんにとってはおさらいになればと!





ギターのコードには大きく分けて3種類の手の角度があります^^

手の角度とは?

下のABCの3つの画像を見てください^^





画像A 傾いています^^




画像B まっすぐです^^




画像C 傾いています^^




手の角度とは・・・
上の3つの画像のような手の角度のことです。





画像Aの傾きのパターンを使うと良いコード一例♪





GやD7のコードは画像Aのような傾きで押さえると良いですね^^





画像Aの傾きで押さえた Gコード




画像Aの傾きで押さえた D7コード




GやD7のコードを画像Bのように手がまっすぐの角度で押さえると・・・





画像Bのまっすぐ角度でおさえたGコード




画像Bのまっすぐの角度で押さえたD7コード




このようになります・・・^^;





で、良くないポイントがあるのですが・・・

さあ!どこが良くないかわかりますか?^^





答えは・・・





指の押さえる場所!

くわしく見てみましょう^^

まずはGのコードから





画像Aの傾きで押さえたGコード




画像Bのようにまっすぐの角度で押さえたGコード




画像の赤い丸に注目してください^^
赤い丸は抑えている場所です。

画像Aの傾きで押さえたGコードは全ての指がフレットの近くを押さえていますね^^


対して、画像Bの角度で押さえたGコードは、中指と人差し指がフレットから離れてしまっています^^





ギターは
・フレットの近くは綺麗な音が出やすい
・フレットから離れすぎると汚い音が出やすい

のです^^

つまり・・・





手の角度は非常に大事!





手の角度を変えるだけで、指の位置も変わります^^

コードチェンジもだんだんスムーズになってきますし、安定して綺麗な音がなるようになったりします♪

初心者の頃は手の角度まで、なかなか気が付かずにまちがった角度で練習を進めがちです^^ 手の角度も意識してみると変わるかもしれません♪





今日はほんの一例を紹介しました♪

参考になれば幸いです^^

またウクレレ版も書いてみようかと思います^^
生徒さんはいつでも質問ありましたらどうぞ♪







西川ギター&ウクレレ教室

体験レッスンのお申込・お問い合わせ

コンタクトフォームよりお問い合わせください


075-221-8708

レッスン中は電話に出られないことが多いため後ほどご連絡いたします。
留守番電話にお名前とご連絡先をお入れください。