弾きやすい楽器使ってますか?&湿度調整してくれる安くておススメの品を紹介

暑い日が続きますね
先日、クローゼットの水取りの除湿剤を新しくしたのですが、早くもいっぱいになっていて驚きました^^;

こんな除湿剤ありますよね

さてさて、皆さんギターやウクレレの調子はどうですか?

ギターやウクレレは木材で出来ているため、気温や湿度に影響を受けます^^
湿気の多い時期や暑い時期、寒い時期などギターだとネックが沿ってきたりします。
ネックが沿ってくると、ベストな状態から0.5ミリでも変化があると弾きにくく感じます。

初心者の方だと気が付かないうちにネックが沿ってしまって
なんだか弾きにくいからやる気にならない・・・

みたいなこともあります。

ウクレレでは、ナットの高さが高くて1フレットの音が鳴りにくい・・・
といったこともあります^^

弾きやすい楽器を選んで、メンテンナスもしておくと楽器生活がより楽しくなりますよ^^

楽器の湿気対策のひとつに↓おすすめです^^
楽器保管時にケースにいれておけば、湿度調整してくれます。

ドクタードライは、楽器ケースに入れておき湿度をコントロールすることのできる湿度調整剤。湿度が高い際は湿気を吸い取り、乾燥している場合は水分を吐き出して湿度を調整。ケース内の湿度を一定に保ち、湿度による楽器へのダメージを軽減します

FERNANDES ( フェルナンデス ) >Dr.Dry 楽器用湿度調整材 | サウンドハウス (soundhouse.co.jp)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる