やり方間違っていませんか?アコギのFコード&コードチェンジをスムーズに

今日はアコギのIさんのご紹介をします^^

アコギのIさんはボイトレにも通っておられて、そこの教室で発表会をするとのことで
ヴォラーレという曲で練習されています^^

ご持参された楽譜はコードが難しかったですが、初心者の方にも取り組みやすいように
少し調整をしました^^ おかげでかなり弾きやすくなり、Iさんも

Iさん

「これなら発表会までにできそうです」

とモチベーションが上がったようでした^^

ただ・・・1か所だけFmというコードがどうしても入ってしまいます。
このFmというコードはバレーコードと言われる初心者の方には押さえにくいコードのひとつです。

下の画像のようなフォームです。
人差指で複数の弦を押さえるコードをバレーコード、またはセーハーと言います。

いずれは乗り越えていくのですが
発表会までに間に合わせるとなるとハードルが少し上がります^^;

こういった時に「どう進めていくか」がポイントです^^

やみくもにやっても遠回りすることもあります。

Fなどのバレーコードは押さえる指よりも親指であったり、フォームのほうが大切だったりします。
Iさんは

Iさん

「この間、ずっと練習していましたが全然できなかったです。手も痛くなってストップしました。」

とのこと。
どうやって練習していたか見せて頂くと・・・

そのやり方では絶対に出来ないです^^;

と少し解説をしました^^
そして、具体的な進め方として

「まずは親指の場所を決めましょう」

とアドバイスをし
それで何回か弾いていると慣れてこられ・・・
更に次のアドバイス、そして次のアドバイスとしていくと

Iさん

「自然に押さえられるようになりますねー!」
「手も痛くないです!不思議ですねー!」

とFmのコードチェンジがスムーズになってこられました^^

Iさん

「これならこの部分も発表会までにできそうです!」
「家でも同じようにやってみます!」

と帰っていかれました^^

ゼロがいきなり100になるような、すぐに出来るものではなくても

ゼロが50、70、80と段々出来るようになります^^
そして最終的に出来るようになります。

いきなり完璧に出来なくて落ち込むことはありません^^
ステップアップしていけば出来るようになってきますね♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる